posted / modified / マレーシアでの日記

生理痛で朝、死ぬかと思った

※生理や生理現象についての汚い表現がある場合があるため、お食事中の方、汚い表現をみたくない方は、ブラウザバックをお願いいたします。


1月21日夜、眠くて確か10時すぎてかその前にお布団に入って寝ました。ここ最近、寝つきが悪かった自分にとっては嬉しい眠気でした。

そして翌朝、5時8分ごろ、目が覚めました。目が覚めて何してたか覚えてないのですが、何かしてたらトイレに行きたいと思い、トイレに行きました。

トイレにこもっていると、だんだん気持ちが悪くなってきました。便も大量に出て、血も大量に出て…そして上からも出そうな状態…。汚くて申し訳ないですが、事実だったので…。

そんな状態が…たぶん10分以上続きました。

いろいろ出して、お腹がからっぽになった感じがしたので、下半身はきれいにして、ズボンはいて、今度はとてつもない吐き気が襲ってきたので便器に顔を向けました。トイレを流した後、匂う、水道の匂いで「おぇ」っとなり、吐きそうになりました。吐きそうになりましたが、出てきたのは唾液だけでした。

唾液を少し出した後、「薬のまなくちゃ、あと白湯も」という頭になりました。過去何度かこういう”朝から生理のせいで体調がすこぶる悪くなる”みたいなことに遭遇しており、その時薬と白湯を飲んで、体を温めたら楽になることを知っていたからです。

ただ、唾液を出して、トイレから出てから、歩けるのですがフラフラして。自分でもかなりぼーっとしていて、体全体が重くて、お腹も痛くて。ひとまず、お湯をわかさなくちゃと思って、頑張って水を鍋に入れてIHのスイッチを入れました。スイッチを入れて数十秒後、今度はお腹が強烈にいたくなり、トイレにいきたくなりました。さすがに何分トイレにいることになるかわからなかったので、IHのスイッチを切ってトイレに行きました。

トイレに行きましたが、結局何もでず。そこからは、ハイハイでしか動けなくなりました。立てませんでした、力が入らなくて。ハイハイで頑張ってお湯をわかしなおして、薬を飲もうと思えばギリギリいけるかとも思いましたが、動くだけでしんどかったので、熟睡している旦那の寝室にはっていきました。

もうその段階でぐじゅぐじゅに泣いており、痛みとかいろんなので過呼吸に…笑。旦那は綺麗に寝ていましたが、私の泣き声ですぐ起きてくれて、事情を話して白湯作ってもらったり、靴下やお布団、ゲロ袋を持ってきてくれました。

薬も、のむのがしんどくて、私が生理痛の時に飲むパナドールという薬はサイズが大きいので、それを分割してもらって、頑張って吐き気のする口から白湯で押し流しました。

この「死にそうな生理痛」の時、私はベットで横になることができません。なので、ずっと床に座って少し高さのあるベットに顔をつっぷしてひたすらもがいていました。

なかなかに苦しかった。久しぶりにこんな生理痛に遭遇してしんどかったです。今回の生理、血の出が悪くて、今日より数日前から血が出そうででない程度の血(要は少量)の出血のみで、生理なんだけど、なんか子宮が生理をはじめようとしていない感じだったんですよね。そして今日から、子宮が本領発揮して生理を開始したっていう感じでした。だからでしょうね、すっごーーい量の血が出ました。

過去、何度かそういうことはあったので、一応、結婚前には産婦人科にもいき、ブライダルチェックかねて病気がないかとか調べてもらっていたのですが、何もなかったんですよね。だから、生理痛が重いのは薬で耐えるしかないかな的な…。

マレーシアにきてからはストレスなのか、今回の生理痛の一歩手前みたいなのが何度かあって、しんどかったので一度ピル飲んでたんですが、薬が合わなかったので中断していました。

だからすっごくしんどかった…。またきたか。何で来るのか…と。

でも、少し考えてみたんですが、体を温めたら治るということは、そういうことなのかなと。結局、体が冷えていたからあんな風になるのかなぁと…。白湯のんだら治るし。

マレーシアだと、暑いのでクーラーつけてるんですよね、ずーっと。ショッピングモールとかは信じられないほど寒かったりするんですよね。

あと、飲み物も暑いから基本冷蔵庫から出した冷たい水。より体が冷える原因ですよね。こういう所がだめだったのかな、と思いました。

今更感。
これからは体を冷やしすぎないように意識して生活していこうと思いました。ほんと、体を冷やすってよくないですね。冬の寒さより、冷房の寒さのほうが個人的には深刻。

あと、何より、旦那に頼れてよかった。なんだかんだ、過去最高に具合悪くなってたので、一人だったらお湯沸かすまで倍ぐらい時間かかってたかもしれません。

旦那には、夜中にメンタル不調になったら叩き起こしていいよと常々言われていて、ただ、実際叩き起こすことは一度もなかったのですが、いつもそうやって何かあったらいつでも言っていいよと言ってくれていたのが助かりました。おかげで、しんどかったことを言えて、助けてもらうことができました。

本当に、旦那いなかったら私ずっと家で泣いてたかも笑
朝早くから叩き起こして申し訳なかったですが、ゲロ吐きちらかすよりいいかと思いました。

旦那が出社する頃には、だいぶよくなって、ベットで横になれるようになりました。やばかったでしょーって笑い話にできるほど。

そんな感じで、今日の1日がはじまりました。

はぁ。大変だったなぁ。今日。ということでブログに今日のことを書き残しました。

以上です。

おわり。