posted / modified / 医療・健康

マレーシアのOWNDAYSで視力検査して、日本で買ったメガネのレンズを変えてもらった

マレーシアのOWNDAYSで視力検査して、日本で買ったメガネのレンズを変えてもらった

最近、メガネが合ってないのか、目が疲れたり、頭痛がすることが多かったKristenです。今回は、日本で展開している眼鏡屋「OWNDAYS」のマレーシア MyTown店に行ってメガネのレンズを変えてもらいました。

数多くのメガネ屋からなぜ、OWNDAYSを選んだのか

元々OWNDAYSのメガネだったから

もともと、日本にいたからOWNDAYSでメガネを購入していました。行き慣れているお店だと安心感があります。

世界展開しており、過去のメガネのデータがある

OWNDAYSは日本のみならず、マレーシア、オーストラリア、カンボジア、インドネシア、タイなど様々な国に展開しています。

私自身、渡航前にOWNDAYSがマレーシアにあることを知り、世界中どこでもOWNDAYSがあれば同様のサービスが受けられると日本で店員さんに教えてもらっていました。今までの視力のデータも蓄積されているし、海外でいきなり知らないメガネ屋にいくのも不安な方におすすめな眼鏡屋です。実際にOWNDAYSに行って、日本の電話番号で自分の視力やメガネの過去情報を見ることができました。

OWNDAYS マレーシア MyTown店

このOWNDAYSはMyTownというIKEAが併設してある大きなショッピングモールの中にあります。お店の場所はMyTownのLevel1で、ユニクロの正面です。

眼鏡の種類も、日本で見たのと同じものがたくさんありました。日本と同じ品質のものを購入できます。

視力検査方法、流れは日本と変わらず

視力検査の方法は日本と何も変わりはありませんでした。

  1. 気球のイラストの見える機械を覗き込む
  2. 機械を使って視力検査をしながら度数を合わせていく(赤と緑どっちがクリアかとか、どれが見えるかとか)
  3. 仮のメガネをかけて辺りを見回して違和感がないか確認
  4. お金を支払う
  5. メガネを作ってもらう(20分で完成!早い!)
  6. 受け取り

流れに関しては特に何も心配しなくていいかなと思います。

料金とレンズ、全世界で受けられる保証

OWNDAYSに行って驚いたこと

OWNDAYSに行くに際して、やっぱり言語の不安がありました。スムーズにコミュニケーションとれるだろうかと不安に思っていました。乱視とかそういえば英単語わからないなぁ…なんて思いながら旦那をひっぱって行きました。

視力を測るところは基本的に「見える」か「見えない」なので、ClearとかNot clearって言えばなんとか通じるのでよかったですが、その後の自分の視力についての説明部分が店員さんの優しさ、知識なしにはわからなかったなぁと思いました。

私、乱視が出てきて、しかも激しかったみたいで、それの説明の時に店員さんが乱視を、英語で「astigmatism」ではなく、「乱視」と日本語で言ってくれました。その後も会話の中で「近眼」も出てきて、さすが日本人がたくさんくる店舗なだけあるなぁと思いました。(店員さんが日本人いっぱいくるよーって言ってました。)

OWNDAYSに通い続けようと思う

今回、OWNDAYSに行って、視力検査もしっかり丁寧にしてもらえました。乱視にもなっていたみたいで、それについての説明や、メガネのレンズの種類の選定もしっかりしてもらいました。

行って、すごく安心感があったので、メガネは継続してOWNDAYSで作ってもらおうと思いました。メガネ屋で迷っている人にとって少しでも参考になれば嬉しいです。

おわり。