posted / modified / マレーシア生活

13日から、マレーシア一部地域ロックダウンへ

突然ですが、感染者の増加に伴い、1月13日からマレーシアの一部地域で、ロックダウンのような状態になることが、マレーシア保健省から発表されました。

10月ぐらいから感染者が一気に増え、今では1日2000人以上出ることが多くなりました。それ以前は、感染者が一桁、多くても10台とかが多かったのですが…。

最近は、私の家の近辺、1km以内で2週間以内に感染した人は、なんと700人以上もいるということが、マレーシアのアプリでもわかっていました。

自分自身もいつ感染してもおかしくない状況でした。今もそうですが。

というか、うちのコンドミニアムの1階でコロナ感染者が去年末に出ていたので、本当にもうあとは運次第だと思っていました。

幸い、現状コロナっぽい症状はありませんが、実は気づかないうちに感染してしまっているのでは?なんて思ったり…。(年明けから体調崩していたりもしたので、検査してないだけでコロナだったり…?と考えすぎたり)

ロックダウンになるとどうなるのか

まぁ、それはさておき、ロックダウンになるとどうなるのか、旦那に聞いたり、今回の発表を元に、自分に関わる部分を少しまとめてみます。

  • 他の州へ移動が制限される(必需品を購入するためなら、10km以内は移動してもいいらしいですが。)
  • ロックダウンの期間は1月13日から26日までの14日間
  • エッセンシャルワーカー以外のお店はCLOSE(食品、薬局以外のお店は閉まる。服屋とか、本屋とか当然閉まる。)
  • レストランもクローズ。(デリバリーはある)
  • お店の営業時間が短縮される
  • 車の乗車人数が制限される

こんな感じですかね…。

食材の買い物はいつも旦那と行っているのですが、ロックダウンになると、旦那の仕事が終わる時間にお店がしまってしまうので、平日の買い出しは一人でいくことになりました。暑いし、少し遠いのでいつも二人で頑張っていましたが、それが一人になるのでちょっと心細いなと思いますが、行かないと食べれないので、やるしかありません。

あと、ロックダウンは2週間ではおわらないだろうねと旦那と話しました。春節に向けて感染者を押さえ込んで、春節の頃には解除したいのでは?との見方を旦那がしていましたが、どうなんだろうかと言った感じです。

旦那ももしかしたら、在宅勤務に戻るかも、とのこと。明日の会議で詳細がわかるみたいです。

旦那曰く、MCO(去年の5月とか6月、7月?にあったロックダウン)は本当に大変だったから、私にもそれを一度体験して欲しいと言われました。笑

この辛さを、共有してほしいと。

確かに、旦那も異国で、会社を背負って、よくロックダウンを一人で耐えたなと思いました。本当に、旦那の苦労は計り知れません。

今回は、お互い大変かもしれませんが、いつまで伸びるかわからないロックダウンを一緒に乗り越えていければと思います。

今後、元気や気力があれば、マレーシアのロックダウンの状況をかければと思います。

ひとまず今日は、13日からのロックダウンに備え、少しだけお菓子や食材を買い足してきました。

明日、本や暇をつぶせるものを買いに行こうか迷っていますが、どうなることやら。

そんな感じです。

おわり。