posted / 2022年本帰国

帰国した時は全然だったのに、マレーシアからの荷物が届いたら涙がいっぱい出てきた

帰国した時は全然だったのに、マレーシアからの荷物が届いたら涙がいっぱい出てきた

こんにちは。
マレーシアに住んでて、帰国して今は日本で生活してるKristenです。

さぁ、この度やーっとやーっとやーっと、マレーシアからの荷物がやってきました。

マレーシアから日本にくるまで、関税もろもろふくめ約2ヶ月かかりました。船便です。あ、ちなみに日通の引越し料金は35万円ほどでした。段ボールは20個前後でした。海外から日本へなのでね…高いですねぇ。

今回の記事は、マレーシアからの荷物が届いての気持ちについて書きます。

マレーシアから離れた実感があまりなかった

タイトルの話へ最終的に繋がっていくのですが、日本に帰国したものの、なんだかマレーシアから離れた感じがしませんでした。
まだ、日本に一時滞在しているような気分。

なんでかなーとか思ってたけど、私がマレーシアに対して冷たい気持ちが多かったのかななどなど思っていました。(+色々新しいことがまだ始まっていなかったこともあって、毎日ルーティンなどなく、気ままに暮らしていたこともある。)

そんなこともあってか、マレーシアを離れて2ヶ月、あまりマレーシアを激しく恋しいとか、マレーシアを離れて寂しいなぁといった感情はそこまで湧いていませんでした。

でも、マレーシアからの荷物が日本に届いたり、関税を通ったというメールが来るたびに心がざわついていた

日通から、今荷物はこうだよーという状況が適宜きていたのですが、日本に到着したみたいな報告を見た際には、「すごい、海の上をわたってきたんだな…」と感動していました。

あの荷物たちは、マレーシアの色々な道を通って、船に乗って、長旅をして、日本にきたのか。

思い出のものたちが、運ばれてきているんだということで言葉にはし難い感情になっていました。

感動?寂しさ?ドキドキ?荷物が届いてやっとちゃんとした生活ができるという期待?

わかりませんが、何か思うことがありました。

荷物運び込み日。続々と運び込まれる。

さぁ、荷物到着の日。
予定では午後でした。
午前中に部屋をざっと片付けよう…なんて思っていたら前の引っ越しが早く終わったようで、急遽お昼前に来ることに…笑

日通さんがくるまであと2kmというところで電話がきていたので、そんなに時間がない…笑
私は飛び起きてまともな服を着て、部屋にちらばしてあった荷物を押し入れに投げ入れました。

投げ入れてしばらくすると日通さんが到着。

部屋の中などに養生をしいていって、搬入がはじまりました。

それぞれの部屋にアルファベットをふっておいて、それぞれの荷物もどこに入れるかをあらかじめ決めていたので、指示しながら全て運び入れてもらいました。

IKEAの机を持って帰ってきていたので、それも組み立てをしてくれました。

そんな感じでわーーーーっと運び込んでくださって、組み立てもして、養生も片付けて、書類と荷物のチェックして…1時間かかったか、かからなかったかでしょうか。1時間はかかったかな。

そんな感じで荷物が私たちのもとに戻ってきました。

全て運び込まれた後、あーなんだかマレーシアとのつながりが消えたんだ、マレーシアから離れたんだという実感がわいてきた。涙がいっぱいでた。

ただ、荷物が届いただけですが、マレーシアからの荷物が全て日本に届いて、「あ、これでマレーシアからの旅が全部終わったのか」という感情?感覚になりました。

マレーシアの生活、本当に終わったんだなぁと。
縁が切れたのか…みたいな。

夫には、縁が切れたわけじゃないよと突っ込まれましたが、なんか繋がりが切れたというか。

別にそこまでマレーシアのことに執着はしていないのですが、やっぱり特に思い入れはないアジアに飛んで、体調不良と自分自身メンタルがあーだこーだなって、自分のヤバさに気がつきながらそれを矯正しながら、辛いことに対面して、マレーシアの良さを知ったり、「もうなんなん?????」とブチギレたくなるようなことも経験し….

なんだかんだ色々あった生活が、なんか一区切りされたような感覚だったんですよね。

引っ越しの荷物が届いてしばらく経っているのですが、ここの気持ちがうまく言語化できません。

でもなんか、とにかく、ここで一区切りついた感じでした。

マレーシア生活、終了!!!って感じ。

色々あったけど、お疲れ様でした。
なんか、やっと次の生活に進める感じです。

荷物が大切に運ばれてきていたことにさらに涙

一番大切なマレーシアっぽいもの。他もマレーシアっぽいのあるけど、これが1番マレーシアの詰め込みみたいで好き。

そう、荷物がね、段ボールがね、めっちゃくちゃ綺麗だったんですよ。
マレーシアで送り出した時となんら差がない見た目だったんです。

タイムスリップして荷物が瞬間移動してきたのかな?と思うぐらい。
あければまだマレーシアの空気が吸えるんじゃないか?みたいな。

私が大切にしていた、BOSEのスピーカーやスタバで買ったマレーシア要素が散りばめられたお気に入りのマグカップももちろん何一つ傷つかず無事に届きました。

今も大好きなBOSEのスピーカーで曲をきいています。

嬉しかったぁ。

自分の大切なものが、本当に大切に運ばれてくるって嬉しいものですね。

そんな感じで、私のマレーシア本帰国は完了という感じです。

引越しも、こんな気持ちになるんだなと、良い経験ができました。

本当に自分は恵まれているなと思った数年でした。

今がニコニコしてるから言える結果論でしかないけど、本当に楽しかった。辛いことも、頭おかしかった時期もあったけど、なんとかなんとか生きてるのでよしとします。

マレーシア滞在中から現在まで、読んでくださった方、ありがとうございました。

マレーシアに関することはまだまだ自分のブログ下書きや、写真フォルダに大量の思い出があるので時間がある限りじわじわと放出させていくので、気になる方はご覧ください。

ひとまず全て終了しました!そして7月からは切り替えて新しい生活です。頑張ります。

死なない限りまたいつか行くでしょう、マレーシア。